[あすかぜ・ねっと]あすかぜ・ねっと自作ソフトCassavaヘルプ > マクロリファレンス

マクロリファレンス

特殊変数一覧

変数 説明 Cassava Ver
x カーソル位置の X 座標。通常の変数としても利用可能。 -
y カーソル位置の Y 座標。通常の変数としても利用可能。 -
Col カーソル位置の X 座標 -
Row カーソル位置の Y 座標 -
Left データが何列目から始まるか(固定セルを含まない)。通常の変数としても利用可能。 1.9.0
Top データが何行目から始まるか(固定セルを含まない)。通常の変数としても利用可能。 1.9.0
Right データが何列目まであるか (一番右の空白列は数えない) -
Bottom データが何行目まであるか (一番下の空白行は数えない) -
SelLeft 選択範囲の左端の X 座標 -
SelTop 選択範囲の上端の Y 座標 -
SelRight 選択範囲の右端の X 座標 -
SelBottom 選択範囲の下端の Y 座標 -

組み込み関数一覧

関数 説明 Cassava Ver
[x, y] / cell(x, y) (x, y) のセルの内容です。読み書きともにできます。 -
write(str); カーソル位置のセルの内容を str にし、カーソルを右に移動します。エクスポートマクロ中ではファイルに書き出します。 -
writeln(); カーソルを次の行に移動します。エクスポートマクロ中ではファイルに改行を書き出します。 -
writeln(str); カーソル位置のセルの内容を str にし、カーソルを次の行に移動します。エクスポートマクロ中ではファイルに書き出します。 -
move(vx, vy); カーソル位置を (vx, vy) だけ移動します。 -
moveto(x, y); カーソル位置を (x, y) に設定します。 -
swap(a, b); a と b の値を交換します。 -
int(x) xの値を0方向に丸めた数値を返します。 intの返す値に対して「+」演算子を適用すると加算となります。 1.5.0
double(x) xと同じ値の数値を返します。(x - 0)と同じ効果です。 doubleの返す値に対して「+」演算子を適用すると加算となります。 1.5.0
str(x) xと同じ値の文字列を返します。(x + "")と同じ効果です。 strの返す値に対して「+」演算子を適用すると文字列連結となります。 1.5.0
max(a, b, ...) 引数に渡したもののうち最大の値を返します。 -
min(a, b, ...) 引数に渡したもののうち最小の値を返します。 -
len(str) 文字列 str の長さを返します。全角文字を1文字と数えます。 1.5.0
lenB(str) 文字列 str の長さを返します。全角文字を2文字と数えます。 1.5.0
left(str, x) 文字列 str の最初 x 文字を切り出して返します。全角文字を1文字と数えます。 1.4.0
right(str, x) 文字列 str の最後 x 文字を切り出して返します。全角文字を1文字と数えます。 1.4.0
mid(str, x, y) 文字列 str の x 文字目から y 文字を切り出して返します。 最初の文字のインデックスは 1 です。 全角文字を1文字と数えます。 1.4.0
mid(str, x) 文字列 str の x 文字以降を切り出して返します。 最初の文字のインデックスは 1 です。 全角文字を1文字と数えます。 1.4.0
mid(str1, x, y) = str2; 文字列 str1 の x 文字目から y 文字を str2 に置き換えます。 最初の文字のインデックスは 1 です。 全角文字を1文字と数えます。 1.4.0
pos(str1, str2) str1 中の str2 の位置を返します。 最初の文字のインデックスは 1 です。 str2 が str1 に含まれなかった場合、 0 が返されます。 全角文字を1文字と数えます。 1.5.0
posB(str1, str2) str1 中の str2 の位置を返します。 最初の文字のインデックスは 1 です。 str2 が str1 に含まれなかった場合、 0 が返されます。 全角文字を2文字と数えます。 1.5.0
replace(str1, str2, str3) str1 中の atr2 をすべて str3 に置換した文字列を返します。元の str1 は変化しません。 1.24d
asc(str) Shift_JIS で str の 1 文字目のコードポイントを返します。 1.7.0
ascW(str) Unicode で str の 1 文字目のコードポイントを返します。 1.7.0
chr(x) Shift_JIS のコードポイントが x である文字を返します。 1.7.0
chrW(x) Unicode のコードポイントが x である文字を返します。 1.7.0
sum(l, t, r, b) t 行 l 列から b 行 r 列までの範囲の数値データの合計値を返します。 1.5.0
avr(l, t, r, b) t 行 l 列から b 行 r 列までの範囲の数値データの平均値を返します。 1.5.0
random(x) 0 以上 x 未満のランダムな整数値を返します。 1.26
sqrt(x) x の平方根を返します。 1.9.0
sin(x) x のサインを返します。 1.9.0
cos(x) x のコサインを返します。 1.9.0
tan(x) x のタンジェントを返します。 1.9.0
pow(x, y) x を y 乗した値を返します。 1.9.0
MessageBox(str); str を表示します。OK ボタンのみ表示されます。 -
MessageBox(str, flag); str を表示します。ボタンの種類を flag で指定します。 -
MessageBox(str1, str2, flag); メッセージボックス内に str1 を、タイトルに str2 を表示します。ボタンの種類を flag で指定します。 -
InputBox(str); str を表示します。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InputBox(str, def); str を表示します。テキストボックスのデフォルト値は def です。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InputBox(str1, str2, def); インプットボックス内に str1 を、タイトルに str2 を表示します。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InputBoxMultiLine(str); str を表示します。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InputBoxMultiLine(str, def); str を表示します。テキストボックスのデフォルト値は def です。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InputBoxMultiLine(str1, str2, def); インプットボックス内に str1 を、タイトルに str2 を表示します。 テキストボックスのデフォルト値は def です。 「OK」が押されると入力された文字列を返します。 「キャンセル」が押されるとマクロを終了します。 2.0.0
InsertRow(y); y 行目に新しい行を挿入します。 -
InsertRow(t, b); t 行目から b 行目まで新しい行を挿入します。 2.0.0
DeleteRow(y); y 行目を削除します。 -
DeleteRow(t, b); t 行目から b 行目までを削除します。 2.0.0
InsertCol(x); x 列目に新しい列を挿入します。 -
InsertCol(l, r); l 列目から r 列目まで新しい列を挿入します。 2.0.0
DeleteCol(x); x 列目を削除します。 -
DeleteCol(l, r); l 列目から r 列目までを削除します。 2.0.0
GetRowHeight(y) y 行目の高さを返します。y を省略すると標準の行の高さが返されます。 -
SetRowHeight(y, h); y 行目の高さを h に設定します。 -
SetRowHeight(h); すべての行の高さを h に設定します。 -
AdjustRowHeight(y); y 行目の高さをセル内容に合わせて最適化します。 1.7.0
GetColWidth(x) x 列目の幅を返します。x を省略すると標準の列の幅が返されます。 -
SetColWidth(x, w); x 列目の幅を w に設定します。 -
SetColWidth(w); すべての列の幅を w に設定します。 -
AdjustColWidth(x); x 列目の幅をセル内容に合わせて最適化します。 1.7.0
SaveIniSetting(); 現在の Cassava の状態を設定ファイルに保存します。 1.6.0
LoadIniSetting(); 前回保存した設定ファイルを読み込み、Cassava の状態を元に戻します。 1.6.0
GetIniSetting(sec, key); 保存されている設定ファイルを読み込み、sec セクションの key キーの値を取得します。 この値は設定ファイルに保存された値であり、最新の Cassava の状態とは異なる場合があります。 1.6.0
SetIniSetting(sec, key, val); 保存されている設定ファイルを更新し、sec セクションの key キーの値を val にします。 この変更は LoadIniSetting() 実行まで反映されません。 1.6.0
GetFontName() 現在設定されているフォント名を取得します。 1.6.0
SetFontName(str); フォントを str に変更します。 1.6.0
GetFontSize() 現在設定されているフォントサイズを取得します。 1.6.0
SetFontSize(x); フォントサイズを x に変更します。 1.6.0
ShellOpen(filename); 指定されたファイルを関連付けられたアプリケーションで開きます。 1.7.0
ShellOpen(appname, filename); filename をパラメータとして appname で指定したアプリケーションを実行します。 1.7.0
Open(filename); filename を Cassava で読み込みます。 1.8.1
SaveAs(filename); 現在開いているファイルを filename に保存します。 1.8.0
SaveAs(filename, type); 現在開いているファイルを type で指定した形式で filename に保存します。 1.8.0
Export(filename, type); 現在開いているファイルを type で指定した形式で filename にエクスポートします。 1.8.0
Sort(l, t, r, b, x, dir, num, case, zenhan); t 行 l 列から b 行 r 列までの範囲を x 列でソートします。第六引数以降は真偽値のフラグで、順に「降順ソート」「数字のセルは数値の大小でソートする」「大文字と小文字を同一視する」「全角と半角を同一視する」を表します。 1.9.0
ReplaceAll(str1, str2); 固定セルを除く編集中のデータ内の str1 をすべて str2 に置換します。 2.0.0
ReplaceAll(str1, str2, ignoreCase, wholeCell, regex); 固定セルを除く編集中のデータ内の str1 をすべて str2 に置換します。第三引数以降は真偽値のフラグで、順に「大文字と小文字を同一視」「セル内容が完全に同一であるものを検索」「正規表現検索」を表します。 2.0.0
ReplaceAll(str1, str2, ignoreCase, wholeCell, regex, l, t, r, b); t 行 l 列から b 行 r 列までの範囲内の str1 をすべて str2 に置換します。第三引数から第五引数までは真偽値のフラグで、順に「大文字と小文字を同一視」「セル内容が完全に同一であるものを検索」「正規表現検索」を表します。 2.0.0
GetFileName() 編集中の CSV ファイルのファイル名を返します。新規作成したデータを編集中は空の文字列が返されます。 1.24
GetFilePath() 編集中の CSV ファイルの絶対パスを返します。新規作成したデータを編集中は空の文字列が返されます。それ以外の場合、必ず「\」で終わる文字列が返されます。 1.24
GetYear() 実行時の日付の「年」を返します。4 桁の整数が返されます。 1.24
GetMonth() 実行時の日付の「月」を返します。1 ~ 12 の整数が返されます。 1.24
GetDate() 実行時の日付の「日」を返します。1 ~ 31 の整数が返されます。 1.24
GetHours() 実行時の日付の「時」を返します。0 ~ 23 の整数が返されます。 1.24
GetMinutes() 実行時の日付の「分」を返します。0 ~ 59 の整数が返されます。 1.24
GetSeconds() 実行時の日付の「秒」を返します。0 ~ 59 の整数が返されます。 1.24
New(); 新規テーブルの作成 -
Open(); 開く -
Reload(); 再読み込み -
OpenHistoryn(); (最後の n は 0 ~ 9 の数字) 履歴から開く -
OpenHistoryClear(); 履歴をクリア -
ReloadCodeShiftJIS(); Shift-JIS として再読み込み -
ReloadCodeEUC(); EUC として再読み込み -
ReloadCodeJIS(); JIS として再読み込み -
ReloadCodeUTF8(); UTF-8 として再読み込み -
ReloadCodeUnicode(); UTF-16LE として再読み込み -
ReloadCodeUTF16BE(); UTF-16BE として再読み込み 1.4.0
Save(); 上書き保存 -
SaveAs(); 名前をつけて保存 -
Export(); エクスポート -
Sjis(); セーブ時文字コードを「Shift-JIS」に設定 -
Euc(); セーブ時文字コードを「EUC」に設定 -
Jis(); セーブ時文字コードを「JIS」に設定 -
Utf8(); セーブ時文字コードを「UTF-8」に設定 -
Unicode(); セーブ時文字コードを「UTF-16LE」に設定 -
Utf16be(); セーブ時文字コードを「UTF-16BE」に設定 1.4.0
Lfcr(); セーブ時改行コードを「CR+LF」に設定 -
Lf(); セーブ時改行コードを「LF」に設定 -
Cr(); セーブ時改行コードを「CR」に設定 -
OpenCellFile(); 現在のセルのファイルを開く -
Print(); 印刷 -
LetterPrint(); はがき印刷 -
End(); 終了 -
Undo(); 元に戻す -
Redo(); やり直し -
Cut(); 切り取り -
Copy(); コピー -
Paste(); 貼り付け -
SelectAll(); すべて選択 -
PasteNormal(); 貼り付けオプションを「標準」に設定 -
PasteOption0(); 貼り付けオプションを「選択領域と重なった部分のみに貼り付け」に設定 -
PasteOption1(); 貼り付けオプションを「選択領域にくり返し処理をして貼り付け」に設定 -
PasteOption2(); 貼り付けオプションを「データのサイズで上書き」に設定 -
PasteOption3(); 貼り付けオプションを「内容を右に移動させてデータを挿入」に設定 -
PasteOption4(); 貼り付けオプションを「内容を下に移動させてデータを挿入」に設定 -
PasteOption5(); 貼り付けオプションを「テキストとして1セル内に貼り付け」に設定 1.26
Sort(); ソート -
SelectRow(); 行選択 -
SelectCol(); 列選択 -
CopySum(); 合計をコピー -
CopyAvr(); 平均をコピー -
TransChar0(); 英数・記号を半角に変換 -
TransChar1(); 英数・記号を全角に変換 -
TransChar2(); 英字を大文字に変換 -
TransChar3(); 英字を小文字に変換 -
TransChar4(); カナを半角に変換 -
TransChar5(); カナを全角に変換 -
SequenceS(); 連番作成 -
SequenceC(); 1 行目をコピー -
InsRow(); 行挿入 -
InsCol(); 列挿入 -
CutRow(); 行削除 -
CutCol(); 列削除 -
Enter(); 行分割 -
NewLine(); セル内改行
ConnectCell(); 左のセルと結合 -
InsertCellRight(); 右にセルを挿入 -
InsertCellDown(); 下にセルを挿入 -
DeleteCellLeft(); 左につめる -
DeleteCellUp(); 上につめる -
QuickFind(); 簡易検索 1.6.0
Find(); 検索・置換 -
FindNext(); 次を検索 -
FindBack(); 前を検索
Refresh(); 列幅を調整して再描画 -
Font(); フォント -
StayOnTop(); 常に最前面に表示の切り替え -
CalcExpression(); セル内計算式を処理の切り替え 1.5.0
ShowToolbar(); ツールバーの表示の切り替え -
ShowStatusbar(); ステータスバーの表示の切り替え 1.6.0
FixFirstRow(); 1 行目を固定の切り替え -
FixFirstCol(); 1 列目を固定の切り替え -
FixUpLeft(); カーソル位置までを固定 -
UnFix(); 固定を解除 -
MacroOpenUserFolder(); ユーザーマクロフォルダを開く 1.6.0
MacroOpenFolder(); アプリケーションマクロフォルダを開く -
MacroExecute(); 指定したマクロを実行 -
MacroTerminate(); マクロの実行を中断 1.7.0
OptionDlg(); オプション -
Key(); キーカスタマイズ -
Applin(); (最後の n は 0 ~ 2 の数字) 外部アプリケーション -
Contents(); ヘルプを開く -
CheckUpdate(); Cassava の更新を確認 1.7.0
About(); Cassava のバージョン情報を表示 -
SetStatusBarCount(x) ステータスバー内の表示領域の個数を設定します。 1.6.0
SetStatusBarText(x, str) x 番目の領域に str を表示します。 1.6.0
SetStatusBarWidth(x, w) x 番目の領域の幅を w に設定します。デフォルト値は 50 です。 1.6.0
GetStatusBarCount() ステータスバー内の表示領域の個数を取得します。 1.6.0
GetStatusBarText(x) x 番目の領域に表示された文字列を取得します。 1.6.0
GetStatusBarWidth(x) x 番目の領域の幅を取得します。 1.6.0

Menu


Copyright (C) 2003 Hiroki Satou All rights reserved.
2003.11.29.
Copyright (C) 2007-2018 asukaze, Some Rights Reserved.
mail (at) asukaze.net